映画
 
 
 
 
 

うらぎりひめ (2012)舞踏家 岩名雅記氏 監督映画

うらぎりひめ (2012)

岩名雅記長編劇映画第三作
出演 たうみあきこ、大澤 由理、七感弥広彰

映画について

老練舞台女優にして人生論の文筆家でもあるT(86歳)は双光旭日章受賞を機会に自分の特別番組放送の為ある放送局のインタビューを受ける。同時にその中で放送されるT をモデルに製作された中編映画「うらぎりひめ」の監修を依頼される。

自宅に戻ったT は自分の戦中の経験を綴ったエッセーをもとに作られた映画に嫌悪を感じて、預かったDVDを鉄路に投げ捨てる。

2度目のインタビューの帰途、何時ものように自宅近くの公園で憩うT。何故かT は栄誉ある双光旭日章をポイと傍らのゴミ箱へ。

誰かを待ち続けるT。期待通りというべきか『誰か』がやってくる。この人物はこの1年間、日本だけでなく世界を震撼させたあの原発大事故の首謀犯罪者である。T にとってこの半年間充分な準備をしてきたその成果が見事に結実する一瞬が訪れたーー。

— — — ⊙ — — —

岩名雅記: 1945年東京生まれ。舞踏家として1988年来仏、以降欧州40カ国/100都市で独舞公演を展開している。初監督作品「朱霊たち(2008)」、第二作「夏の家族(2010)」が共にロッテルダム国際映画祭ほかに公式招待される。「朱霊たち」は2009年の英国ポルトベロ国際映画祭で最優秀映画賞受賞。

たむらまさき: 1939年青森県生まれ。岩波映画を経て、小川紳介監督『日本解放戦線・三里塚』(70)でシネマトグラファーとなる。以後、青山真治監督作品をはじめ気鋭の監督たちと日本インディペンデント映画の中心的存在となる。国際的にも名キャメラマンとして注目を集めている。

キャスト

出演 たうみあきこ、大澤 由理、七感弥広彰

監督・脚本 岩名雅記
撮影 たむらまさき(中編部分)
製作 映像・舞踏研究所 白踏館

2012年日本映画・90分・カラー・ヨーロッパビスタ

———————————————————

札幌上映

11/1(金)・2(土)・3(日)・4(祝)
全日「朱霊たち」「夏の家族」も一挙上映
前売券:1000円/当日券:1500円
狸小路2丁目シアター
地下鉄ポールタウン狸小路3丁目出口より徒歩1分
札幌市中央区南3条西2丁目10-1 リバティタワービル4F
電話:080-3237-6419 (クラトミ)
www.facebook.com/uragirihime

http://www.iwanabutoh.com/ja/pb.php

[amazon_enhanced asin="4845997665" /]

[amazon_enhanced asin="B00005Y194" /]

[amazon_enhanced asin="B000O5B38O" /]

■関連記事

 
 
 
 
 

「ReguRegu展」Objet&Doll&Movie…..

<特別上映>
毎日 15時、18時、21時から
「むねのことり」(15分)
「魔女の卵」(15分)

2011年12月14日(水)~19日(月)
13:00~22:30
会期中無休/入場無料

@Gallery犬養
北海道札幌市豊平区豊平三条一丁目1-12
(地下鉄東西線 菊水より徒歩7分 /駐車場有)
tel 090-7516-2208

———————————————-
剥製とか苦手なのですが、

それでもReguReguさんの世界に強く惹かれるので、

空気感を感じたく伺いました。

DVDを入手し何度もみています。

特に『魔女の卵』がお気に入りです。

本日で最終日のはずですが、

都合がつけられる方はぜひ。おすすめです。

この展覧会を見ておくと、

DVDの世界にひたる時に

想像力がオーバードライブすると思います。

ギャラリー犬養はぴったりの舞台でした!!!

■関連記事

 
 
 
 
 

小樽を舞台にした映画『恋人たちの時刻』

1987年公開の角川映画。

確か海猫屋のシーンで麿赤児さんが出てきたような記憶がうっすらと残ってます。

室蘭の中央町でこの映画を見たのが、小樽に来るきっかけの一つになりました。

撮影時のおもひで等あればメールでも掲示板でも教えていただけるとうれしいです。

ここに掲載させていただきます。

あらためて上の画像見ると、サブタイトルがすごいですね。

あらすじ

■関連記事

 
 
 
 
 

I❤NISEKO

ただいま仮オープン中の

しりべし自由いちば

http://www.shiribeshi-marche.com/

にて上の動画制作されました!!!

3年ほど前にわたし(橋本洋輔)と小谷宗且くんとで作った曲を

かけて下さっております!!!

ちょっと前のなのでコッパづかしいですが、

ぜひご覧ください!!!

T-シャツも手に入れて、冬のニセコでT-シャツ一枚で暴れるのも、

なかなか楽しいと思います!!!

■関連記事