イベント
 
 
 
 
 

たのしい料理はおいしい!~まめまめキッチン

生協のフリーマガジン『chocotto』でおなじみの料理研究家『こぐれあいこ』さんの料理教室です。

mame2

mame1

■関連記事

 
 
 
 
 

nola vol.12

nola161

nola162

■関連記事

 
 
 
 
 

宇宙文明ニューアルバム

P_20160105_094517_LL

P_20160105_094525_LL

モノリスミュージックより、『宇宙文明』のニューアルバムがリリース。

ご注文は
ezosound☆hotmail.com
(☆→@)

■関連記事

 
 
 
 
 

2015/6/13 小樽はブラックミュージック三昧

北守一生&加藤景子 with Friendsのニューポートさんでのライブと
DJ Koco a.k.a. Shimokitazawa DJ Masa route12をゲストに迎えたパーティーにお邪魔しました。

ニューポートさんのライブ、ベースの松橋さんとギターのアべさんの地元の先輩ミュージシャン目当てで伺ったんですが、リズムがものすごくタイトで刺激的。抑制が効いた粒の美しい低音と、ぴったりタイミングが合いつつ非常に洒落れたフレーズ満載のドラミング、人数の多いアンサンブルの中で安定してテンポをリードされている様に感じました。そこにキレッキレのカッティングが数ミリsecの按配のずれもなく最高のタイミングでビシビシ決まってました。小樽の先輩方凄かったです。そこに手練手管のキャリアのサックス、ピアノ、パーカッションが自由に泳いでいくんですから、満員のお客さんもきっと皆さん納得したであろうパフォーマンスでした。唄ももちろん素晴らしく、あんなに上手に歌えたら幸せだろーなーと思いました。

そしてNOLA。6時間の長丁場は体力的に無理だろうと判断し10:30ころ。
Ushioさんの攻める選曲にやられました。続いて初めて聴くレゲエセレクタースーパーターボさん、スペシャル、ダブプレート連発でこんな気合の入っているセレクターが小樽にいるのかと!!!びっくり!!!嬉しくなりました。
KOCOさんのファーストセット、開始20秒からその音楽に、脳みそをギュッと絞られてアドレナリン噴出。すさまじい2枚使い、トリックプレイの連続に心臓をグイグイもまれてドキドキしながらも、笑みがこぼれて仕方ない、隣と顔を見合わせて笑っちゃうほどの凄いプレイ。基本テクニックとかっこいい曲探しを長年研鑽を積まれて、ユーモアを纏うほどの境地にたどり着いているのだろうなと勝手なこと思いました。ちなみにフラッシュディスクランチで働いていたこともあるそうです。チボマットの羽鳥ミホさん、UFOのプログラミングで知られている小日向歩さんも働いていたらしいです。名門ですね。
続いてMasaさん。私はこの人のファンです。DJセットももちろんですが、ラップとの1DJ1MCがすごい。フリースタイルラップの速い流れを捉えて繰り出す、ストップアンドゴーがもうたまりません。バッチリ詩を聴いて即興していく様はまさに『ターンテーブリスト』です。

どどっと流れ込んだフリースタイルラップマイクリレーでは、ここまでの流れに熱狂した演者、観客まさに一体となり大盛り上がり大会です。ホストのYas I am,Mid bayside Kohのキレッキレのラップはもちろんのこと、一度聴いてみたかった072さん、もうブルースです。廃児のヒナコさんを想いました。凄くかっこよかったです。そして若手、地元勢にもガンガンマイクを回すのがYas I am。それに応えるラップをかましていく若手たち。一つの理想形がここにありました。

忘れないうちに書いておこうと思いひっちゃかめっちゃかな文になりましたが、昨夜楽しかったです。先輩から後輩まで皆さん有り難うございます。

■関連記事