銭湯
 
 
 
 
 

亀の湯

kamenoyu

沖縄産海亀の剥製があります。

【住所】小樽市清水町1番13号 
【営業時間】午後1時30分から午後10時30分まで 
【定休日】月曜休業
【電話番号】0134-23-2601
【駐車場】店前路上3台  
       
 大正初期創業の銭湯で、現在の経営者になって68年の歴史ある銭湯です。ここの脱衣所には、亀の湯のシンボルである沖縄産海亀の剥製があります。全長 1m・甲羅長75cmの大きさで、お客様の長寿と健康を願って展示されています。また小浴槽では季節に合わせた温浴剤を使用するなどうれしい配慮があり、近隣住民の楽しい憩いの場として長年にわたって愛されています。

資料提供:小樽浴場組合

■関連記事

 
 
 
 
 

日乃出湯

hinodeyu

大正末期からある伝統ある銭湯。

【住所】小樽市石山町12番15号 
【営業時間】午後2時から午後9時まで 
【定休日】月曜休業
【電話番号】0134-22-2321
【駐車場】なし
 
 大正末期からある伝統ある銭湯で、小樽駅より祝津方向に向かい小樽信金手宮支店のある交差点を左手に曲がり約250mにあります。昭和33年に浴場を改装していますが、ノスタルジックな雰囲気が十分あるのが魅力です。また小樽駅より稲北十字街を旧石山中学校方向へ勾配19%の坂道を登り、勾配20%の浄応寺側の坂を下ると日乃出湯があります。ここが冬の難所であるだろうと実感できる急坂です。小樽の坂道散策をタオル片手に歩いてみるのも楽しいものと思います。

資料提供:小樽浴場組合

■関連記事

 
 
 
 
 

玉の湯

tamanoyu

家族風呂も充実。

【住所】小樽市錦町13番3号
【営業時間】午後1時から午後11時30分まで
【定休日】月曜休業
【電話番号】0134-23-2602
【駐車場】8台
     
 小樽駅より祝津方向に向かい小樽しんきん手宮支店の向かいにある銭湯です。創業は大正14年で80年の歴史があり、創業者の名前「玉谷」より浴場名が付けられました。現在の建物は昭和54年に建てられ超音波風呂もあり広くリラックスできる空間になっています。家族風呂が2階に10室併設されているので銭湯休業日には大変便利です。また駐車場は店舗のすぐ前にあり利用しやすいのも特徴です。

資料提供:小樽浴場組合

■関連記事

 
 
 
 
 

デンキ湯

denkiyu

電気でお湯を沸かしたことに由来。月曜もやってます。

【住所】小樽市稲穂4丁目1番1号
【営業時間】午後1時30分から午後11時まで
【定休日】金曜休業
【電話番号】0134-22-5067
【駐車場】なし

小樽駅より国道5号線を余市方向に向かい竜宮神社交差点を海側に下った左手にある銭湯です。「デンキ湯」と言う珍しい名前は第二次大戦後の燃料不足の時に電気でお湯を沸かしたことに由来しています。現在の建物は昭和41年に建築され、副浴槽には入浴剤が入れられており快適な入浴が楽しめます。また他の銭湯と違い金曜日が休業日ですので、月曜日に入浴したい方にもおすすめです。

資料提供:小樽浴場組合

■関連記事